for net surfing
いつでもどこでも自然体...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイはうまい


新宿バンタイのお昼のグリーンカレー大盛り。
滝汗かいて食べる飯。いいわ~♪

スポンサーサイト
文明の利器


ホームベーカリーで焼いたパンがおいしいというので、満を持して購入。

ピンぼけですが、朝フタを開けたところ。「おぉ~♪」
201010100843000.jpg

パンを切って中を見る。
干しぶどうもうまく散らばって。
201010100851000.jpg

食べたらかなりおいしい!

ここまでの開発秘話とか、そんなことを考えるとジ~ンとしてきます...
技術がすごいなぁ~

次は何を焼こうかな♪


テーマ:日記 - ジャンル:日記

竹岡 梅の家



食べなきゃ何も言えないので今までさみしかったが、
やっと行けた梅の家。

到着時10人以上の行列、やめようかと思ったが、
なかなか機会が訪れないと思い、30分後再チャレンジ。
1人しか待ってなかった。

チャーシューメン&薬味を頼む。

チャーシューうまい!
チャーシューの脂はうまいね~やっぱこの甘みだね~

麺は嫌いじゃない。
いつもカップヌードルの汁を捨てて混ぜそばにして食べているが、
その食感に似ていて案外いけた(笑)
乾麺ばんざい!

たまねぎの「薬味」は50円。オニオニストとしては当然ON。

つゆは生醤油みたいに濃い!
汁がうまけりゃ良いのに。
血圧が心配です(汗)

で、この麺、つゆ、チャーシューが全然調和してない。
それぞれがてんでバラバラ。
つゆが全体をこわしている感じ。
せっかくのたまねぎも、汁とすすってもあんまりおいしくない...

おいしいチャーシューも、残り3枚くらいから
持て余してきた...もう入んないよ~
でも必死に完食。胸焼けがした...大杉。

もう行かないでしょう...

果たしてリピーターは多いのか?
こういうお店の場合、地元の「懐かしいあの味」になっている場合が多いので、
好きな人は好きでしょう。

オレは無理。
ラーメン食べたきゃ佐野に行く。

やはり食べ物は好き不好きですね。おもしろい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

北関東食べ歩き
本日午前中は熊谷、そのあと栃木なので、前から行きたかった北関東のB級グルメを食べ歩き。

まずは行田に出る。行田は関越がなかった頃、高崎に出るのに必ず通っていた懐かしい街。

最近行田のB級グルメが話題になっているそうな。
食べ物は「ゼリーフライ」と「フライ」。こんなの知らなかった。
食べてみたい。

なんじゃそりゃ?の方には、詳しくはこちら



パっと見、なんだかわかりませんが、これが「フライ」。
普通にお好み焼きである。
卵入り300円をたのんだ。

お味はとってもおいしいです。
子供の頃海岸辺りを流していた「まんがやきそば」の味を思い出した。

201008201118001.jpg
続いては「ゼリーフライ」。
こちらはなんでこんな名前??
オカラコロッケそのものなのに。

これもとってもうまい♪やさしい味。
2個ペロッといただきました!

行ったお店はこちらです。
若夫婦がやっている好感の持てるお店でした。

北関東はこういう粉物や焼きそばの店がなぜか多い。
学生さんたちには良いですね(^-^)

北関東の街、行田、伊勢崎、足利、太田、館林等々、
時間が止まったレトロな感じがとても良い。
なごみます。

食欲に火がつき(笑)、さらに車を飛ばして佐野へ。
佐野ラーメンで1回行ってみたかったお店、おぐら屋に向かう。

私のフェイバリットラーメン、小三郎はこちらで修行されたらしい。

到着したら、まずお店の大きさにびっくり!
ラーメン屋さんではなくファミレス規模だ!
201008201251000.jpg

名前を書いてお店の人に呼ばれるシステム。
すんなり入る事が出来た。

大盛りラーメン。
澄んだスープ、中太麺。
さっぱり系でおいし~い♪
たちまち完食。
201008201304000.jpg

フェイバリットNO.2かな。
小三郎の次。しょうがラーメンは不動!

食べ終わって出てきたら、1時半過ぎだというのに外には順番待ちの人がたくさん!
並ばないで食べられたなんて、相当運が良かったらしい。フ~

あぁ~今日も良く食った。晩飯は何かな(笑)




立石 江戸っ子
201004162022000.jpg

都内で一番住みたい町立石。

京成押上線沿線にあるこの駅は、
よくぞ残ってくれたというような昭和な町並み。
私好みの酒場も多い。まだ経験浅いが。

今回は、以前から行きたかった「江戸っ子」に出かけてきました。


がらがらと扉を開けると、満席。

でも常連さんとおぼしき方が詰めてくれ、やっと着席。

宇ち多よりなんかお客もお店も空気もやさしい感じ。

ホスピタリティを感じました。

カウンター内に女性(名物?ママ)がいるからかな?

宇ち多が緊張感を感じるのは完全に男の世界だからかな??



まずは下町ハイボールとモツ煮(豆腐入り売り切れ)で乾杯。
常連さんもしつこくなく、初めて来ました等々、二言三言会話。


201004161952000.jpg

このもつ(シロ)とレバーの大きさ!これで1本80円ですよ!
味も良い!文句なしに都内一でしょう。

しかし立石界隈、こんないい内蔵関係をどのお店も出すなんて、
素人ながら仕入はどうなってるのか?と思っちゃう。
特別ルートがあるのかな?

下町ハイボール2杯ともつ焼き、煮込み、
赤身刺身(肉のボイルしたものに辛みそだれかけ)で1600円。

最高のコストパフォーマンス!

まだまだ良いお店がたくさんある。楽しみ。
ソロでの訪問が良さそう。多くて2人か?

あまり飲みに出歩かない私もこの町だけはワクワクします。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。